« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

フットサル

260209_1207[ 2/27 2009 ]
SETフットサルチーム結成である。

稽古場が無くなりました。

何かあれば劇団員が集まっていた稽古場。
何もなくても劇団員が集まっていた稽古場。

その稽古場が無くなりました。

ヘタすると1年通して本公演の時期にしか
会わない劇団員が出てくる気がしました。

それじゃいかん。

ここは1つ、フットサルチームでも作って
月2回ぐらいずつでもやっていこうじゃないか。
コミュニケーションをとっていこうじゃないか。

そんなわけで始めてみました。
ま、正直なところ、ボクがやりたかっただけですけど。

早速来月の予定も決めて
みんなにメールしてみました。

今のところ返事は3通です…

いつまで続く事やら…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「旅学」

[ 2/24 2009 ]
N川たけしはバカで愛すべき仲間の1人である。

ビックリするぐらい歌がヘタクソなくせに
「RENT」が大好きでオリジナルのロックミュージカルを
やろうとしていて、

ビックリするぐらい字がヘタクソなくせに
路上で「書」というかなんというか、
とにかくムダに熱いメッセージを書き
それでいてヘタなバイトよりもはるかに
良い金額を稼ぎ出す、
そんなバカで愛すべき男である。

先日、そんな彼から雑誌が送られてきた。

分厚い。
通販のカタログかなんかかと思って
危うく読みもせず捨てそうになった。
(引越しの時に通販を1回使ったら
それ以来定期的に送られてくるのです)

どうやら彼が雑誌で連載をスタートさせたらしい。

Img「旅学」

年4回発行で著名な方々が
色んな国の事や考え方を
書いたりしているステキな雑誌である。

そこでN川たけし連載スタートである。

…やるじゃねぇか、オイ。

興味がある方はぜひ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ビミョーに…

[ 2/20 2009 ]
バレンタインデーにチョコを送ってくださった皆様、
ありがとうございました。
この場を借りて御礼申し上げます。

ここ数週間、肉体を使う事もなく
ただただ頭を使う日々を過ごしているワタクシは
日々増えていく体重との闘いであります。

Setup会報に「今年は肉体改造を!」
なんて書いた自分が何とも恥ずかしい限りです…

肉体改造に取り掛かります、明日から…

そんな毎日を過ごすなか、
ちょいと気付いた事がございます。

痛いんです、カカトが。
えぇ、足のカカトです。

思い返せば1ヶ月前、明治座で打った記憶がございます。
大将にドツカれて転がった時に派手に打ったわけでして。

えぇ、それ以来ずーっとビミョーに痛いのです。

1ヶ月以上経ってるのに痛いのです。

これは多分、多分ですが…
折れてるのではなかろうかと。

以前、カカトを骨折した時の痛みに似てるし。

折れてないにしてもヒビ位は入ってるな、多分。

病院行けばいいんでしょうけど、
「ビミョーに痛い」ってのが厄介でして、
ビミョーにって事なんで「ちょっとガマンしてれば何とか…」
なっちゃってるわけでして。

えぇ、そんなこんなで1ヶ月以上経つわけです。

明日こそ病院に行こうと思ってます。

…行かないな、多分。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

急接近

[ 2/11 2009 ]
多分、知らない男性とこんなに接近したのは
人生初である。(芝居除く)

満員電車。

キライである。

まぁ好きな人もいないと思うが。

満員電車に乗る時、どっち向きに乗るか
これを間違えるととんでもない事になる。

ギッチギッチに混んでる電車に乗る時は
そんなに迷わない。
後ろ向きに乗れば良い。

困るのはビミョーに混んでる時だ。
文章だと非常に説明しづらいのだが、
乗車口の半分位まで人がいる時が困る。

真っ直ぐ入ってそのまま反対側入り口方向を
向いたまま立つか、
もしくは真っ直ぐ入って乗り込んだ乗車口側に
向き直して立つか。

だいたい電車の真ん中位で分かれるんだと思う。
真ん中辺りで背中合わせになるみたいな。

そんなわけで今日のビミョーな混み具合の電車で
ボクは正面から乗り込み振り返って乗ってみた。

大体真ん中ぐらいになりそうだったんで。

判断間違えたな。

後ろから乗ってきた男性と向き合っちゃったんだな。

向き合った状態でさらに人は乗ってくるのである。

その男性との距離は急接近である。
しまいにゃキスしちゃうんじゃないか
ってぐらい急接近である。
初デートで顔を逸らしながらも
ドキドキしながら抱き合ってるみたいな状態である。

こんな状態で2駅。

結構なイケメンサラリーマンとの急接近に
思わずドキドキした数分間である。

そんなわけはない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

モトアザブーゼ

[ 2/7 2009 ]
さて、セレブの話である。

昼間、知り合いの芝居を観に麻布十番へ。

終演後、次の予定まで時間があったので
渋谷まで歩く事に。

元麻布の街並みを歩く。

セレブな街だ。

閑静な住宅街をたまに通る車はほぼ外車。
ベンツかBMW。

歩きながら話す携帯も一味違う。
iPhoneかPRADAの携帯。

気がつけばオーストリア大使館が静かに佇み、
前を通るのはサングラスをかけた
ステキな外国マダム。

ママさん達が押す乳母車も
あの三輪でオシャレなやつ。

それだけでセレブな香り。

白金に住むセレブの事は
シロガネーゼと呼ぶ。

じゃあ、元麻布に住むセレブの事は
はたしてなんと呼ぶのか。

モトアザーブ?
モトアザブーゼ?
いやいや、これじゃあどっかの洋菓子みたいだ。

モトアザブセレブ?
早口言葉か…

そんな事を考えながらノンビリと歩く。

気分はセレブである。

ふとウィンドーに映った自分に気付く。

くたびれたジーンズにダウンジャケットに
ムダにデカイショルダーバック。

見た目はバックパッカーである。

ま、気分だけでも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

妄想

[ 2/4 2009 ]
先ににお断りしておくが、
ボクは見栄っ張りで妄想癖があって
器の小さい男である。

最近、人に演技を教えたり
演出をしたりする機会が多いので
勉強の為に色々な本を読んでいる。

今日も新宿の紀伊國屋で本を買った。

「演技の基礎」
「俳優とは」

う~ん、いかにも「これから芝居始めます」
みたいなチョイスである。

ここでボクの妄想が始まる。

「この本を見たレジの人はどう思うんだ?
あぁ、この人役者になりたいんだなぁ、
って思うだろうなぁ。
時期も時期だしなぁ…4月から…みたいな…

ヘタですよ、別に上手い役者じゃないですよ、
でも、こう見えてSETで10年やってるんですよ、ボク」

完全に妄想である。
誰もそんな事思っちゃいねぇのである。
ハッキリ言って、客の持ってくる本に
大して関心なんか無いのである。
こんな事思ってる時点で役者としてのオーラゼロである。

でも、気になるのである…

さてどうしたもんか。
どうすれば現役の役者っぽくなるか。

思いついた。
これだ。

「領収書ください。
宛名は劇団スーパー・エキセントリック・シアターで」

レジで領収書もらった。

その時のレジの女性の顔。
完璧にSETの役者だって事が伝わったはずだ。
その女性の今日の夕飯の時の話題は
「今日、SETの役者さんが本買いに来たんだよ」
これで持ちきりだ。
うん、間違いない。

完全に妄想である…

| | コメント (3) | トラックバック (2)

マンマ・ミーア

[ 2/2 2009 ]
時間が出来たので久々に映画を観に行った。

「マンマ・ミーア」

以前、ニューヨークに行った時、
ミュージカルを観たのだが
正直なところイマイチだった。

とはいえ、自称ミュージカルファンとしては
観に行かないわけにもいかんだろと
勝手に決め込み行ってきた。

で、感想。

あ、こういう話だったんだ…

ニューヨークで観た時、
な~んもわかってなかったって事が判明。

やんちゃなママが友人と娘と
ノリノリで歌ってるミュージカルかと思ってた…

そんなわけはないんですけどね、
あれだけ流行ってるんですから。

ボクの英語力なんてこんなもんです。

内容を理解しながら改めて観てみると
面白いですね、マンマ・ミーアって。

そりゃ色々無茶な部分はありますよ。
ストーリー的にも映画的にも。
いきなり歌いだすしみんなで踊りだすし。

でも、難しい事なんか考えずに
素直に観てると感動もするし、
なによりウキウキしますね。

ホント単純に元気になったな。

もちろん色んな意見もあると思うけど…
こういう映画を観て
「駄作だ」
って言っちゃう人にはなりたくないな、うん。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

アラシックスティー

[ 1/31 2009 ]
ありがたい事に毎週土曜日の23時過ぎになると
「出社見てるよ~」
というメールを何件か頂く。

仕事先でも多くの方に
「見てますよ~」
と言って頂く。

特に20代の方は
「わかりやすくて面白いです」
と言ってくださる方が多い。

さらに
「大関さんの大ファンなんです!」
なんて事まで言ってくれる。

嬉しいじゃないですか。
そりゃボクだって若い女性にそう言われて
悪い気はしませんよ。

が、必ず続く言葉がある。

「うちの母が」

…あ、お母様。

「ちなみにお母様おいくつですか?」
「60歳です」

ここ数日でこの会話が5回。
アラウンド60のお母様達に大人気らしい。

嬉しいです、それはそれでもちろん嬉しいです。

その20代の方に聞いてみる。
「ちなみに誰のファンですか?」

「え~と、番組のファンです」

ここ数日でこの会話が5回。

なぜだ…

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »