« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

景色

200710281657000[ 10/29 2007 ]
引っ越した家は7階。
今まで気が付かなかったが
こんな景色が見える。

富士山。

写真だと小さくてわかりずらいが、
遠くの方に富士山が見える。

朝はもっとはっきりと見える。

とてもキレイな景色だ。

この景色がベランダから見えれば
もっと良いのだが…

玄関側なのが残念…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

浴槽

200710270119001[ 10/26 2007 ]
どうでもいい話だが、
うちの浴槽は動く。

浴槽がただ置いてあるだけ
だからだ。

引っ越してすぐは大して気にして
いなかったのだが、ちょっと気を抜くと
シーソーのごとく片側が跳ね上がる。

常にアスレチック感覚の風呂場である。

これには参った。
シャワーを浴びる度によくわからない筋肉が
鍛えられている気がする。

そこで考えた。
要は揺れない様にすればいいわけだ。

揺れなくする為にはこれしかない。

200710270119000家具転倒防止グッズ。

完璧だ。
全く動かなくなった。

ただ…
使い方は間違ってるな…

| | コメント (1) | トラックバック (1)

花園

[ 10/25 2007 ]
昨日はまたまた秘密の花園にお邪魔してきました。

「コストコツアー」

本公演も一段落したんでね、
みんなでのんびりお買物です。

まずはノースポートでお買物&お茶。
ノースポートがどこかと言いますと…

よくわかりません。
奏さんの運転にお任せなんで。

多分、神奈川の方です。

Photo「チャレンジ」って名前のパフェです。
大した事ありませんでした。
余裕で完食です。



Photo2さてコストコ。
ちょっとしたデート気分を
味わってみたりして。




200710241907000最後は中華街へ。
丸山さんオススメのお店へ。
さすがジモティ、
中華街の達人です。
裏道裏道でご到着。

200710242301000ウマイ。
どの料理もウマイっす。
お店のお母さんも
最高のキャラです。
携帯で話しながら
水餃子を置いていきました。
片手間にも程があんだろ…

最後に…
中華街で見つけたオモシロスポット。
中華街なのに…

200710241912000喫茶・ブラジル

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ワイドショー

[ 10/23 2007 ]
東京公演が終わり、
ちょっとのんびり家の掃除。

久々にワイドショーなんて物を見てみる。

テレビをつけた瞬間。

知り合いが出てる!

詳しい事は書けませんが、
ちょっとした時の人になってるじゃありませんか。

突然知り合いの顔が大写しになると
心臓が飛び出るほどビックリしますね、ハイ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

千秋楽

[ 10/21 2007 ]
東京公演にご来場頂いた皆様
ありがとうございました。

本日、無事に千秋楽を迎えました。

まぁ、千秋楽というのは
えてして何かがあるものです。

ご覧頂いた皆様はご存知かと思いますが、
今回僕はカツ丼を食べるシーンがあります。

あれ実は、普段は少量の炊き込みご飯を
食べていたのです。

もろもろ大人の事情で
毎日本物のカツ丼ってわけにはいきませんので。

後輩の安田君が毎日「チン」して
出前してくれてたというわけです。

ところが、今日いつものように丼を持ったら
何とも重いじゃありませんか。

ん?何だコレ?

蓋を取ってみたら…

本物のカツ丼だ。

ヤス、お前いい奴だな…
最後だからって奮発してくれたんだな。

ありがたく頂くよ。

では早速頂きます。

アツッ!

熱くて食えねぇじゃねえか…

結局一切れしか食えず…

あまりに切ないので楽屋に戻ってから
美味しく頂きました。

後で聞いたところによると
ヤスはわざわざ自腹でカツ丼を
用意してくれたそうです。

200710211913000ヤス、ありがとな。
お前の心意気、しかと受け取った。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

何?

[ 10/20 2007 ]
本公演、たくさんのお客様に
ご来場頂き大変感謝しております。

おかげ様で明日無事に
東京千秋楽を迎えます。

悔いの残らない舞台にしたいと思います。

さて、本日の帰り道、
不思議な光景を目にしました。

200710202348000ちょんまげ?

いやいや、よく見てください。
ご機嫌なオジサマが
頭に傘を乗せて歩いておりました。

不思議と落ちないんだな、コレが…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

開通

[ 10/19 2007 ]
やっとネットが繋がりました。
にも関わらず、飲んで帰ってきてヘロヘロです…
そんなわけで今日はサクッと。

200710191721000_2山口良一さんの差し入れ
「シフォンケーキ」にかぶりつく
ケーキの全く似合わない2人。

タケの白目はヤバイです…

| | コメント (2) | トラックバック (1)

こんな時期ですが

[ 10/15 2007 ]
こんな時期ではありますが、引っ越しまして・・・

そんなわけで、現在ネットが繋がっておりません。

開通までに2、3日かかってしまいそうです。
それまでは携帯から地道に更新します。
引っ越し話はまた今度〜。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

暗転

[ 10/13 2007 ]
芝居には「暗転」というものがある。
舞台セットをチェンジする為の
一時的な暗闇の事だ。

ほぼ真っ暗な状態が続く為
出来る限り時間を短くしなければならない。
(曲などを流して飽きさせないようにはしますが)

客席も真っ暗なら当然舞台上も真っ暗になっている。

その状態で僕ら役者は舞台からいなくなったり(はけると言う)
舞台セットを変えたり(転換と呼ぶ)している。

僕はとある暗転で丼を持ってはけなければいけない。

今日は焦った…

舞台上が暗転になり、丼に手をかけた瞬間、

ガチャン!

という音と共に丼の蓋が消えた。
(消えたと言ってもほぼ見えていないので
「感触が消えた」という方が正しいかもしれない)

蓋落とした。
ヤバイ!
見えない、な~んも見えない。

かなり焦る。
このまま舞台上にいたら
明るくなった瞬間に次のシーンに全く関係ない男が
ポツンと取り残されている事になる。

このままはけるか?
イヤイヤ、そんな事したら
次のシーンに全く関係のない蓋が
ポツンと取り残されている事になる。

探した。
必死で探した。

舞台のほぼ1番前で横山やすしさんの
「メガネ、メガネ」
状態である。

しばらく探していると、手に蓋の感触が…
(「しばらく」と感じたが実際は一瞬だったかも…)

慌てていたので気がつかなかったが
足元に落ちていた。

「灯台下暗し」とはまさにこの事。
ま、辺り一面暗いんですけどね。

お客様の見えない暗闇で
こんなギリギリなせめぎ合いが行われています。

目を凝らせば見えるかも?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

頭痛

[ 10/12 2007 ]
死ぬかと思った…

多分、孫悟空はこんな気分なんだと思う。
あの、ホラ、頭に付けられちゃった輪っか。
なんて言うのか知らないけど。

悪さすると、あれがギューって絞まるわけでしょ?

いや、別に僕は悪さしたわけじゃないですけど、

だからつまり、
頭痛がひどかったのです。

もともと多少の偏頭痛持ちではあるんですが、
最近はなかったんですけどね、
今日の開演直前に出ましてね。

もう割れるように痛いのですよ。
バファリン飲んでも効かないし、
頭冷やしてもダメだし、
しまいにゃ薬のせいで段々眠くなってくるし…

アクション中なんかひどいもんですよ。
動くたんびにズキンズキンしてましたから。

こりゃいかん、終わったらすぐ帰らにゃと思ったわけですね。

で、公演が終わりまして楽屋に戻りますと…

ウソの様に痛みが引きまして…

ある人によると、
「そりゃお前、ストレスだよ」
なんて事も言っておりましたが、
今回ワタクシ特にストレスを感じる様な事も
ございませんし…

要するに、原因不明という事でして。

出来ましたら今後この様な事が無い事を
祈る次第であります、ハイ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ツアー

[ 10/11 2007 ]
いやー、ビックリした。

今日、劇場入りしたら
野添さんがたくさんの人を引き連れて
舞台袖から現れた。

ん?何だコレ?
はとバスツアー?

楽屋に行くと大竹がタイツを着込んでいる。
ん?何だ?

鏡前を見ると、
「バックステージツアー開催」
と書いた紙が置いてある。

あ、Setup(SETファンクラブ)の皆さんの
バックステージツアーだ…

昨日言ってくださいよぉ。

(後でわかった事ですが、昨日の時点で
ちゃんと発表されていたようです)

もう少しちゃんとした私服で登場したのに…
もう少しちゃんとした稽古着用意したのに…

ま、大して変わりませんけど…

でも、なんか面白かったです。
楽屋に顔出してくださったり、
リハーサルを客席で見てくださったり、
いつもと環境が違って刺激的でした。

いい企画だなぁ。
ジェネレーションギャップでもやってみようかなぁ。

あ、いい事思い付いた。

全公演観劇の方に特典として
バックステージツアー開催ってのはいかがでしょう?

あ、でもなぁ、ジェネレーションギャップの場合、
ツアーって言うほど劇場広くないしなぁ…
全公演なんてそうそう観れないだろうから
ヘタしたら1人とかになっちゃうかもだしなぁ…

ごめんなさい、考え直します…

本日ご来場頂いた皆様、
お楽しみ頂けていれば幸いです。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

お褒めの言葉

[ 10/8 2007 ]
知り合いが本公演を観に来てくれた。

終演後、とても嬉しい感想を聞かせてくれた。

「いや~、大関くんのダンスにはキレがあるよね。
目立つんだよねぇ、どこにいても。
僕は素人だから細かい事はわからないけど、
とにかく目がいくんだよ。華があるっていうのかな」

「そうですか?そう言って頂けると嬉しいです」

「なんだろうねぇ、衣裳が黄色だったからかなぁ」

ソレ、僕じゃないっす…

僕、黄色い衣裳は着てません。
1度たりとも着てません。
多分、後輩です。
しかもそのダンスに僕は出てません…

ま、結構な人数で踊りますからね。
わからないのも無理はないですけどね。
アハハハ…

ちゃんと後輩に伝えておきます…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

無事に…

[ 10/7 2007 ]
初日、2日目にご来場頂いた皆様、
ありがとうございました。

昨日、無事に初日の幕が開きました。

永田さんがセリフを忘れたり、
色んな人がカミカミだったりと
初日らしい細かいミスはありましたが…

今日も直しが入り、より見やすい作品になったと思います。

僕のネタも若干変わりました。

昨日は軽く受けましたが、
今日は芸劇中ホールに誰もいないんじゃないかと
思うぐらい静かになりました。

そんな僕を舞台袖から見ていた劇団員は
爆笑していたらしいです。

たった一言のネタなんですけどね…
僕の言い方が悪かったんでしょうね…

笑いって難しい…

明日も頑張ります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

少年

[ 10/5 2007 ]
駅からの帰り道、道を聞かれた。
まだあどけない顔をした
坊主頭の少年3人組だ。

多分中学生くらいだろう。

「すいませ~ん、駅はどっちですか?」

「そこを曲がって真っ直ぐ行くと駅だよ」

「どれぐらいかかりますか?」

「5分くらいだと思うよ」

近くに野球場があるので、
多分、野球を見に来た少年達だろう。

馴れない場所で道に迷ってしまったんだろうな。
カワイイもんだ。

別れ際に1人の少年が言った。

「ありがとう、オジサン

カワイクねぇ…

オジサンはないよぉぉぉ…
まだ30歳になったばっかりだよぉぉぉ…

でも、そりゃそうだよなぁ、
自分が中学生くらいの時って
30歳ってオジサンだと思ってたもんな。

気をつけてお帰り、少年達よ。

オジサンは明日から池袋で
若手として頑張るさ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

連鎖

[ 10/3 2007 ]
帰りの電車の中で珍しい光景に遭遇した。

あくびの連鎖。

よく「あくびはうつる」と言うが
あそこまで連鎖反応を起こすとは思わなかった。

まず向かいの席の1番の端の人が
あくびをした。

次に僕が座っていた席側の端の人にうつった。
(向かいのガラスに反射して見えたのです)

その後、また反対側の席の3人にうつった。
で、僕の横の2人。

ここまでくると、なんか変なプレッシャーを感じる。
「オイ、反対の端までちゃんと伝えろよ」
みたいな。

ウェーブの直前に変なプレッシャーを感じるみたいな。

で、僕の前の2人に連鎖。

次はいよいよ僕の番。
もう気分は「いよいよ」って感じ。

すんなり出た。

意外にあっさり連鎖してくれるもんだ。

で、僕の斜め向かいのオジサン。

何とそのオジサン…

耐えた。

無理矢理あくびを噛み殺そうとしてる。

でも…

オジサンは負けた。

噛み殺しきれなかった。

何だろう、この変な満足感。
ここまで繋いだ俺達の成果を無駄にはさせない。

そう、それはまるで聖火リレーの如く。

小さな車両の中で、1つのドラマが生まれた。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

お休み

[ 10/ 2 2007 ]
いよいよ今日から劇場入り。
3日間かけてセットを作ったり
舞台稽古をしたりする。

が!
僕は今日はお休み。

なんと今日の仕込みは
スタッフさん達と後輩達が
やってくれているのです。

僕も偉くなったもんだ…

皆様、ご苦労様でした。
お休み頂いた分、明日からガッツリ働きます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »