« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

要は気持ちです

[ 10/30 2005 ]

ネットが繋がらなかった原因。
料金未払い…
マヌケ…

皆さーん!なんだかずいぶんお久しぶりな気がします。
ちゃんと更新しないとね。

もうご来場頂いた皆様、ありがとうございました。
これからご来場頂く皆様、楽しみにしていてくださいね!

ご来場頂いた皆様のコメントにもあった「エイサー」
表情を見て頂いてありがとうございます。
そうなんです、僕の中で一番重要視していた事なんです。
僕が大太鼓を習いに行った時に、
その団体の方たちが僕らにエイサーを見せてくれたんだけど、
僕が感動したのが、何よりも表情。
太鼓の技術とか足の上げ方とかそんな事じゃなくて、
みんなが楽しそうにやっている事に一番感動したんです。
観てる方もなんだか楽しくなってくるんですよ。
メチャメチャ笑顔がステキだったんですよ。
だからね、僕もあの楽しさを伝えたいなって思って。
僕らなんて、所詮太鼓の技術なんてたかがしれてるし、
じゃあ、僕らに出来る事ってなんだろうって考えて…
やっぱり気持ちを伝える事が一番なんじゃないかなって。

もちろん、技術的なクオリティーも高くなきゃいけないけど、
大事なのはエネルギーじゃないかって思うんです。
やっている方も楽しくやれて、
観ているお客さん達も楽しくなってくれて。
それが一番ステキな事の様な気がするんですよね。
だから、僕はメチャクチャ笑顔なんです。
あの舞台の上で楽しく演じられる事が幸せだし、
客席に見えるお客さん達の笑顔が最高に嬉しいし、
みんなが一体になって幸せになれればいいなぁって思ってます。
明日もまた、劇場全体が幸せになれるといいなぁ。

しまった、今日は何だかムダに熱く語ってしまった…
僕の悪いクセです…
またオモシロ裏話を探してきます…

| | コメント (5) | トラックバック (0)

つながらない…

[10/28 2005]
家のネットが繋がらない…
こんな時になぜ?はぁぁぁ…
明日で中日を迎えます。
芝居もだいぶ落ち着いて、見やすくなったんじゃないかな。
本当は初日からベストのものが出来上がっていればいいんだろうけど、
なんせ笑いなんかに関しては、
実際やってみないとわからない事がほとんどなもんで…
でも、まだまだ進化しますよぉ。
座長は常に新しいギャグを考えてますからね。
初日に観に来てくださった皆さん、またぜひ観に来てください。
多分、別の作品になってます。
ま、それは大げさとして…あ、文字数が

| | コメント (5) | トラックバック (0)

今日は2回公演…

[ 10/26 2005 ]

今日は昼公演と夜公演の2回。
稽古でも2回通しってのはやってなかった…

うーん、なかなか大変ではあったかなぁ。
でも、観に来てくれているお客さん達は、
その1回しか来れない人がほとんどですからね。
僕らは常に全力を尽くさなきゃいけないわけです。
お客さんの楽しそうな顔を見れば
それだけで頑張れるのです。
お、今日はいつになくかっちょいい事言ってるぞ。
お、ヤバイ、眠気が…
ZZZZZZZZZ、さすがに2回公演は…
おやすみなさい、また明日…

| | コメント (8) | トラックバック (0)

一瞬の静寂

[ 10/25 2005 ]

僕達役者の本番中の過ごし方は、人それぞれだ。
舞台袖でずーっと芝居を観ている人、
楽屋でセリフの確認をしている人、
タバコ吸いながらモニターを見ている人。

そんな思い思いの過ごし方をしている劇団員だが、
一瞬だけ皆が同じ空気になる瞬間がある。
それが

本番1個目のギャグだ。

幕が開いてから1つ目のギャグの瞬間だけは、
楽屋も舞台袖も裏通りも、
劇場全体が一瞬の静寂に包まれる。(スッゲー大げさ…)
なぜなら、そのギャグのウケによって、
その日のお客さんのテンションがわかるからだ。
その1個目のギャグが受ける日は、
全体的にウケがいい。
逆に1個目が良くないと、
ほとんどは全体的にテンションが低いまま終わる。
だから、そのギャグのウケによって、
その後に出て行く役者達は、
それなりの戦略を立てるのだ。(これまたスッゲー大げさ…)
「お、今日はウケが良くない、少し動きを大げさにしてみよう」とか、
「セリフの言い方を変えてみよう」とか、
色んな事を考えるのだ。
でも、余計な事を考えた時ほど反応は悪くなっていく。
そして自らのテンションも落ちていく。
まったくもって悪循環…

観に来てくれている人達は、
まさか自分達の笑い声や反応が、
こんなにも役者達を一喜一憂させているとは思ってもいないでしょう。
でも、そうなんです。
僕達は、皆さんの反応に耳をすましているのです。
観ているはずが、いつの間にか観られているのかもしれませんよ。
ご注意を…

あれ?なんかちょっとあぶない感じになってないかぁ。
そんなにずーっと客席気にしてるわけではないのでご安心を。
のんびり観てくださいねぇ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

無事、開幕!

[ 10/23 2005 ]

幕が開いたのです。
遂に幕が開いたのです。
やっとこさ幕が開いたのです。
ふぅ…

アレ?もう終わったみたいだ…
間違えた、これからが本番です。

昨日、無事に初日の幕が開きました。
恒例のカット作業の幕も開きました。
終演後、稽古場に戻って演出チームでビデオチェック。
おぉぉぉ、こうやってネタがカットされたり、
新ネタがプラスされていくわけか。
おぉぉぉ、何とも思い切ったカットもされていくわけで…
役者として考えると切なくはなるものの、
作品の事を考えるとカットするべきなんだろうし…
カットする方もなかなかシンドイもんなんだなぁって事を実感。

で、今日2日目。
劇場は戦場と化したのです。
もうバタバタですよ。
セリフの変更、動きの変更、もろもろ変更。
各役者が必死こいて変更点を自主稽古。
今日は日曜日だから座長はラジオの本番で
ギリギリに劇場入り。
そこからは座長の取り合い。
色々座長に確認しにくる役者。
座長と絡むシーンの稽古にくる役者。
ただ「おはようございます」を言いだけにくる役者。
1度タイミングを逃したら、
何分待つ事になるかわからない。

座長が劇場入りしたとの情報を聞きつけ、
楽屋に飛び込む。
が、時すでに遅し。
座長の姿が見当たらず…
トイレに行ったという情報をキャッチ。
トイレから出てきた座長をキャッチ。
確認事項を一気にまくしたて、
答えをもらって無事終了。
ふぅ…
こんな疲れ方って…

2日目ってのは大体こんな感じなのです。
よく、緊張がとけてだれた芝居をしてしまう事を
2日目芝居って言いますが、
SET本公演の場合、それはあまりありません。
だって初日より緊張するもん。
明日も変更点がある事でしょう。
いつまでこの緊張感が続くのか…
そっか!変更しなくて済む為には…

皆さーん!お願いですから笑ってくださーい!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ほんとは苦手です

[ 10/20 2005 ]

はっきり言って、僕は喋りベタだ。
一斉放送とか、マイクでみんなに向かって喋るとか、
出来る事なら勘弁して欲しい…

今回は演出助手という立場上、
劇場で一斉放送などをやる機会が多い。
今日も、舞台稽古のスケジュールを伝える為の放送をした。

「ピンポンパンポーン、今日のスケジュールですが、
 15時よりサウンドチェックで、」

ここまで喋ったところで、ふと気がつく。
放送が流れてない…
ボタンを押しっぱなしにしないと、
自分の声は外に流れないんだった…
知ってたはずなのに…
言葉を間違えない事に必死だった…
近くにいた劇団員に

「なに独り言いってんの?」

って言われた…
確かに…

その後の舞台稽古中に、舞台上の子役の子達に
明日のスケジュールをマイクで伝える時、

「みんなの明日のスケジュールは…」

と言ったところで突っ込みが入る。

「みんな?俺達も?」

あ、しまった、舞台上には劇団員もたくさん居た…

「イエイエ、子役のみなさん?、子役のみなさん?」
アレ?子役の子達って、どんな呼び方すればいいんだ?
子役の子達は、ってのも失礼だし、
子役は、ってのも失礼だし、
子役の皆さんじゃ変にかしこまってるし…
うーん、難しい…

ビミョーなんですよね、こういう事って。
子役の子達の話に限らず、
ちょこっと言葉を間違えると、
とんでもなく失礼な事になりかねないし、
うまく言葉を選びながら喋るって難しい…

でもさ、みんなの前で喋れない役者ってどうなんだろう…
オイオイ、もうすぐ初日だってのに、
こんな事で自信喪失してていいのだろうか…

初日まで、後2日…

| | コメント (13) | トラックバック (0)

池袋にて。

[ 10/18 2005 ]

ウソだ、もう劇場入りなんて絶対ウソだ。
ほんとに毎回思うなぁ。
稽古が始まってからがあっという間なんだよなぁ。
不安がいっぱいなわけで…
でも、やるべき事はやってきたはずで…
その狭間で苦しむのです。

今日は仕込み日。
稽古とかは一切しません。
ただ黙々と舞台装置を作っていきます。
基本的には黙々とですが、
時折スタッフさんの怒鳴り声がしたりします。
そんな時僕らは更に黙々と仕事をします。

舞台の隅っこの方では、小道具部隊が仕事をしています。
SETの小道具部隊、なかなかどうしていい仕事をします。
大竹隊長のもと、数人の若い衆がチマチマと・・・
もとい、コツコツと作業をしています。
はっきり言ってプロ並みの仕事をします。
最近じゃぁ、役者で食っていくより、
その道の仕事についた方がいいんじゃないかってな話もでます。
ウワサによると、彼らに作れない物はないそうです。
舞台上の小道具にご注目。

今日と明日はこんな感じの一日になります。
この2日間は、僕らも役者の仕事から離れ、
本業のスタッフワークに明け暮れるのです。
もとい、副業のスタッフワークに明け暮れるのです。

刻一刻と、初日が近づいてきましたよ。
お楽しみに!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

では、池袋で。

[ 10/17 2005 ]

気がついたら、明日から劇場入り。
おぉっと、ビックリ…
やる事やったかなぁ。
それすらわかんないや…

いやー、それにしても今日のラスト通しはすごかった。

アバラ折れるかと思った…

気合い入ってますからね、みんな。
アクションシーンで数馬さんに胸を蹴られるシーンがあるんだけど、
本気で入ったわけですよ、あのアクションスターの蹴りが…
ただでさえあの人の蹴りはすごいですからね。
それに気持ちが入ってごらんなさいよ。
死にますよ、マジで。
ま、僕も距離感間違えたんで、
数馬さんが悪いってわけでもないんですけどね。
あの蹴りを18回もくらったら、またしても骨折役者になっちまいます…

で、その後のシーン。
今度は野添さんに髪を摑まれるシーンがあるんだけど、

髪、全部抜けるかと思った…

あの方が気持ちの入った芝居をした時ほど
恐いものはないですからね…
ものすごい迫力でした。
ほんとに殺されるかと思いましたよ…
これに関しては僕は一切悪くありません…
しいて言うなら、僕が後輩だったって事ぐらいです、多分…
あれを18回やられたら、確実に髪は抜けていきます…
でもなぁ、いいお芝居ですからねぇ。
ガマンするしかないでしょう。

こんなステキなお芝居、楽しみになったでしょう?
もう間もなく初日です。
みなさん、お楽しみに!
あ、こんな危険なシーンは一瞬ですのでご安心を…

ちなみに「あぶ刑事」も、間もなく初日です…

| | コメント (5) | トラックバック (0)

Kitkat

[ 10/14 2005 ]

本番間近になってきたこの時期、
劇団員にあげてはいけない物があるのです。

そう、それは「Kitkat]

あのチョコのお菓子です。

今日から通し稽古が始まりました。
台本にはないギャグを、
個々の役者が入れ始めるわけです。
自分がおいしくなる為に。
もとい、作品が面白くなるように。
とまぁ、そんな役者が山盛りいるわけですよ、僕も含めて。
って事は、必然的にトータルの時間がながーくなっていくわけで…
芝居ってのは、大体2時間前後でしょ。
それが気がつくと2時間半とかになって…
…当然、面白くないギャグはカットされるわけで…
かげでささやかれる言葉、それが

「きっとカットだな…」

きっとカット、きっとカット、Kitkat…
こんな理由でこの時期SETの稽古場からは
「Kitkat」が消えます…
たまったもんじゃないね、Kitkatにしてみたら。

もうこの時期ドキドキですよ。
夜も寝れませんよ…
日替わりでギャグ考えていかなきゃだし…
しかも、今回は演出助手って立場だから、
自分の出番が目の前でカットされていくのは
切な過ぎる…
うぅぅぅぅぅぅぅぅぅ、勘弁してください…
もっと面白いギャグ考えますから。
もっと自分がおいしくなるように考えますから。
もとい、もっと面白い作品になるようにがんばりますから…
だから、だから「キットカット」だけはお許し下さい…

| | コメント (7) | トラックバック (0)

あhy6さsdskjhksl…

[ 10/13 2005 ]

、mんxlfかあういslk;sjか………

こ、こえが出ない…
やっちまいました…
喉からしてしまった…

理由はエイサーの掛け声。
「イヤーサーサー!」ってやつ。
調子にのりました。
エイサーで大太鼓叩いてると、
どうも気持ちよくなってきて、
ムダに頑張っちゃうんですよ…
気がついた時には、
ヵjsんmsg、じゃぅいあぅjぁふぁkl…
になってました…

いかん、後一週間かそこらしかないのに
こんな状態では…
よし、蜂蜜舐めまくろう…

| | コメント (7) | トラックバック (0)

だから出たいんだってば

[ 10/11 2005 ]

沖縄より空手の先生登場。
すごいっす、マジで。
空手着、シャッシャッっていってます。
布ですよ、空手着って。
正拳突き出したぐらいじゃ音はしませんよ、普通。

ご夫婦で空手をやっている先生で、
お2人とも琉球空手の世界チャンピオンです。
夫婦喧嘩を想像したら、とんでもない事になったので、
いらん想像はやめました…

座長が求めているのは、この先生方の技です。
無理だって…
あれが出来たら世界チャンピオンなんだから…
でも、島民のみんなも頑張ってました。
かなり動きも揃ってきて、
カッコイイ事になってきましたよ。
僕、出てませんけど…

だからさぁ、出たいんだよ、このシーン…

| | コメント (5) | トラックバック (0)

フィクションのはずが…

img_00801[ 10/10 2005 ]

久々に写真をアップします。
何だ?この写真。
よく見て、柱に書いてある文字。

「ベンキョウドー」

覚えてる人、いるでしょうか。
そう、あれは4年前の本公演。
「パジャマワーカーズ・オン・ライン」という舞台。
僕が、急遽代役をやる事になって、てんやわんやした舞台。
その公演のなかに出てきた出版社の名前。
………「ベンキョウドウ」
そう、フィクションのはずの出版社が、実在したのです!
錦糸町の稽古場に向かう途中にあったのです。
今日、初めて気がつきました。
ビックリしたぁ。
まさかほんとにあると思わないもん。
いやー、世の中には色んな物があるんだなぁ。

でも、実際どうなんだろう、このネーミング。
ビミョーですよね…

| | コメント (5) | トラックバック (0)

はっきり言って、自慢話です

[ 10/9 2005 ]

今日は例の太鼓の録音。
想像以上に貴重な体験になったのですよ。

スタジオ入りして皆さんにご挨拶。
うわぉぉぉぉぉ、BEGINの方々もいる!
いやー、もうドキドキですよ。
偉そうにでっかい太鼓持って現れましたけど、
所詮ただの劇団員ですから…
エイサーの大太鼓なんて、
2時間かそこら教わっただけですから…

入った時点でごめんなさいって謝るとこだった…
録音しだしてからも、なかなかどうして難しい…
太鼓の音を重ねる為に、
何度も同じフレーズを叩くんだけど、
これがねぇ…なかなか同じようには叩けんのです…
ビミョーに音がずれるわけで…
でもね、メンバーの方々は、
「大丈夫ですよぉ、もう1回だけいってみましょうか!」
みたいな感じで優しくしてくれるわけです。
もう、涙ものですよ…

沖縄の人は最高だ…

早いでしょ、切り替えが。
ついこの前まで、おきなわってなんだ!?とか言ってたくせに。

でね、でね、この後がまた嬉しかったぁ。
急遽予定にはなかった掛け声を入れる事になって
(あのよく聞く「アーイーヤー」とかってやつ)
なななななななななんと、
BEGINのメンバーと録音ブースへ。
おいおい、本場もんの人達といっしょに「アーイーヤ」ですよ。
もう気分はまさに「アーイーヤ」ですよ。
ないでしょ、こんな経験。
BEGINのメンバーと一緒に録音ですぜ。
みんなでマイクに向かって「エイサーサー」なんて言ってると、
鳥肌もんでした…

今、かっこいいぞ、オレ…

イヤイヤ、あんた別にかっこよくないから…
勘違いさせてもらえたわ~

ね、これって結構自慢話でしょ。
やっぱ頑張って太鼓持って帰っただけあった!

ひょっとしてひょっとして、これがCDに?
なーんて期待もよせてみたりしてる、今日一日でした…

| | コメント (11) | トラックバック (0)

大太鼓は大きい…

[ 10/8 2005 ]

今日から世田谷の稽古場を出て、
大きな稽古場に移動。
芸術劇場と同じサイズで稽古する為に、
本番2週間前位に移動するんです。
この稽古場に入ると、
いよいよ本番間近って気がしてきます。

で、もろもろ稽古も終わって、
帰る時になって、
とある事を思い出した。

今日、大太鼓を持って帰らなきゃいけない…

なぜなら、明日スタジオで太鼓の音録りをしなきゃいけないから。
本番用ではないんだけど、リズムの確認の為に、
僕が代表で録音する事になってたんです。
持って帰るって行っても、車は持ってないし、台車もないし…
という事は…手で持って帰るしかない…
この稽古場が、これまた駅から遠いんですよ。
普通に歩いても20分弱かかる…
太鼓はダンボールに入っててかなりの大きさ…
いや参った…
もう、汗だくですよ…
途中で何回休んだ事か…
途中で何回太鼓を捨てようかと思った事か…

やっとこさ、駅まで辿り着いて電車に乗っても、
やたらでかいダンボール持ってるから、
周りの人にイヤな顔されるし…

俺だって好きでこんなの持ってるわけじゃない!

って叫んでやりたかったなぁ…
別に周りの人が悪いわけでもないんだけど…

この苦労が報われるように、明日頑張って録音しよう…

あ、明日またこの道程を歩くのか…
タクシー乗っちゃおうかな…

| | コメント (6) | トラックバック (0)

地下鉄にて

[ 10/6 2005 ]

最近よく電車の車内で
冷めた視線を感じます。
ふっとその視線の方に目をやると、
その人達は視線を外します。
なんで?
ずーっと不思議でした。
今日気がつきました。

僕、歌ってます…

ウォークマンで沖縄の曲を聴いてます。
覚えなきゃいけません…
自分でも気がつかないうちに声出てました…
「さ~んさ~ん ぐぅやぁさぁ…」
これは危ない…
変なコブシまで入れてました…
時々、裏声も出てたと思います。
さらに危ない…
しかも、歌詞は沖縄弁。
何言ってるかわかりません。
もう、尋常じゃありません…
そりゃみんな見るわな…
でも、覚えなきゃいけないんです。
地下鉄に乗ってる皆さん、もうしばらくご勘弁を。
本公演が終わるか、逮捕されるか、
そのどちらかで、僕はいなくなりますから…

地下鉄で、奇妙な声を出してる人がいたら、
それはきっと僕です。
優しく見守ってやってください…

| | コメント (8) | トラックバック (0)

おきなわ?

[ 10/5 2005 ]

沖縄はいい所ですよ、最初に言っておきますけど。
1回行っただけですけど、いいとこでした、間違いなく。

今、僕の中で沖縄がおかしくなってます。
SETの稽古場は、今、リトル沖縄です。
どこにいても沖縄です。
応接室のテーブルの上には沖縄の本があります。
テレビをつければ、沖縄を舞台にしたビデオか
エイサーのビデオが流れます。
2階のフロアーに行くと空手着がおいてあり、
その横にエイサーの大太鼓が置いてあります。
そのさらに横には、三線がおいてあります。

聞こえてくるのは、沖縄の方言か三線の音。
たまに沖縄民謡。

僕がやっている事といえば、
沖縄風の踊りの稽古と、
沖縄風の歌の稽古と、
沖縄風のエイサー大太鼓の稽古と、
たまに普通のご飯食べること。

沖縄、沖縄、沖縄…

おきなわってなんだ?

よくおんなじ言葉を連呼してると、
なんだか意味わからなくなる時がありませんか?
今、そんな感じ…

どこにいても沖縄がついてまわる…
癒し系のはずの沖縄民謡ですら、
なんだか「あぁぁぁぁぁぁぁ」ってなる…

いつの日か、また「おきなわ」という響きが
心地いい響きになりますように…

皆さんにはステキな沖縄をお見せするのでご安心を…

| | コメント (3) | トラックバック (0)

たごまってるんです。

[ 10/3 2005 ]

唐突ですが、女子高生のルーズソックスはたごまってるんです。
真っ黒くろすけもたごまってるんです。

たごまってる、たごまってる、たごまってる…
たごまってるって何だ!?

広辞苑でひいてみました。
そんな言葉、どこにも載ってませんでした。
たごまってる…
僕の中では、昔から使ってる標準語です。
誰も聞いたことないらしいです。
5人聞いて、誰も聞いたことないそうです。
これはもう、明らかに標準語ではありません。

どういう意味かって?
そんな事聞かないでください。
たごまってるはたごまってるなんです。
くちゃっとした感じです。
あくまでも感じです。

たごまってるを変換したら「田子待ってる」になりました。
誰だ、田子って…

これってどっかの方言ですか?
だれか教えて下さい…

僕は本当に埼玉で生まれ、埼玉で育ったのでしょうか?
それすら自信がなくなってきました…

| | コメント (8) | トラックバック (0)

えっさ、ほいさ、エイサー

[ 10/2 2005 ]

どうだかなぁ、今日のタイトル。
書いてすぐ自分で反省…
なんだかおっさん臭くなってきた…

沖縄と言えば、豚肉とエイサー。
ってぐらい有名ですよね?エイサーは。
誰が言ってるのかは知りませんが。

あの太鼓持って練り歩くやつです。
本公演は沖縄の話なわけで、
当然エイサーも出てくるわけで、
今日はそのエイサーの為の太鼓の稽古に行ってきました。

今、この文章は左手1本で打ってます。

ってのはウソですが、そんな勢いです。
エイサーの大太鼓というのは、
ヒモで肩から下げて、左手で押さえて右手一本で叩くのです。
これまた叩き方が独特で、ものすごくスナップきかせて叩くんです。
右手、プルプルしてます…
すでに曲げると痛いです…
あと3週間です…
本番初日には、劇団員の右手は上がらなくなっている事でしょう…
舞台上で右手がプルプルと痙攣していることでしょう…

とまあこんな事言ってますが、
本番には必ず皆さんに満足してもらえるエイサーをやるでしょう。
なぜなら僕らは「スーパー・エキセントリック・シアター」だから。

お、いつになくかっこいい締めくくりだ。
右手プルプルしてるけど…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

オマタセ、ベイベー。イッツ・ショータイム。

[ 9/30 2005 ]

いやー、本公演の事ですっかり忘れてました。

みなさーん、あぶ刑事復活ですよ!

今まで黙ってましたけど、というか別に言う機会もなかったんですけど、
僕、実はメチャクチャあぶ刑事ファンなのです。
僕の年代の人には多いのではないでしょうか。
小学生の頃に、ユージと同じタイプのモデルガンを買って、
柴田恭兵のマネをしたり、
たいして好きでもない「ポカリスエット」をしょっちょう飲んでみたり、
高校生の頃には、わざわざ山下公園まで行って、
ユージの走り方をマネしたり、
氷川丸でやってた「あぶない刑事展」に行ってみたり、
挙句の果てには柴田恭兵のCD買ってみたり。
わかるよね?この気持ち、みんなわかってくれるよね?
最高だよね?あぶない刑事。

でも、柴田恭兵の歌はビミョーだよね。

どうでもいいんです、歌のうまいへたなんて。
どうでもいいんです、映画のストーリーが面白いとかつまらないとか。
かっこいいんです、タカとユージは。
色んな意見もおありでしょうが、とにかくあぶ刑事は最高です。

そして、なんの縁か知りませんが、公開初日が10/22なのです!
本公演初日と同じ日です。
ヤバイ、これはどっちを取るべきか…
本公演かあぶ刑事か…
人生最大の決断を迫られる日になるとは…

こんな僕の気持ちを理解してくれる方の為に、
「あぶない刑事」公式HPのアドレスです。

オマタセ、ベイベー。イッツ・ショータイム。

http://www.abudeka.jp/

| | コメント (17) | トラックバック (1)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »